FX自動売買日記。

裁量売買にものすごく疲れたチキントレーダーが、不信感でいっぱいでしかたがなかった自動売買に手を染め、その生き様を赤裸々につづるブログである。果たして、裁量バイバイできるのであろうか?

お縄についた『Pips_miner_EA』…【7月25日(水)のEA成績】

おはようございます。昨日の運用結果です。

f:id:chinggiskhan:20180726054848j:image

やはり、今週も暗黒の水曜日となってしまいました。今回ロットの調整をすっかり忘れていたので今週はそのままの兵数で挑みましたが、『スキャルピングドラゴン』将軍の次は、黒船提督『Pips_miner_EA』です。昨日は一日ハーンを悩ませます。いっそチャートを見なきゃいい話ではありますが、ストーリー性のある記事を執筆するためには毎時チェックは欠かせないのです(「ほんとは気になって見てしまうだけだろ。あとそんなにストーリー性もない」…ん、空耳かな⁇)。まず、朝方から日中安値圏をポンドドルショートで出陣して捕まります…しかも2ポジで。東京時間帯で1.31600をブレイクすることはないと思っていましたが(願望)、ゴトー日などお構いなしに際どいところまで逆行してきたため、1ポジのみS/Lを手動で(東京時間帯は狩られるだけの苦い経験が多いため、余裕を持って)1.31680に変更してお布団の中に潜りました。大抵ハーンがドテンしようと思ったポイントはそこから反転する傾向にあるのですが、案の定お布団に潜っている間に上昇圧力が緩んで参りました。このEAはなんだかんだでデフォルトのS/Lに引っかかることなく無事に生還することが多いのですが、昨日は欧州時間帯でレジスタンス(ハーンにとってはサポート)ブレイクを試す匂いがプンプンしていたので、苦渋の選択でしたが1.3140台で段階を追って御用改め(手動決済)を入れました。損失は免れませんでしたが、正午頃までには黒船提督の全兵数をお縄にし、ハーンは無事に安眠することができました。 

黒船の消火活動が済んだかと思えば、またもやドラゴン将軍がハーンの手を焼きます。直近のドル円は、比較的きれいなフラッグを形成していてどちらにブレイクするのか注視しておりますが、そのレンジの中ドラゴン将軍はドル円ショートで捕まってしまいます。そんな中、23時の「米新築住宅販売件数」の発表。予想を下回る結果がスマホの画面に表示された時、「終わった」…と一瞬思いましたが、この発表の前後で謎のドル高が起こります。よし、ここから時代はドラゴンだ‼︎ と期待感が膨らみましたが、世の中そう甘くはありません。数時間後、いつの間にか111円が壁になろうとしているではありませんか。そして、日銀絡みの報道で今度こそ万事休すの状態です。死亡遊戯も時間の問題でしょう…と書いてるうちにドラゴン討ち死に(大泣)。今週はドラゴン将軍にとってはあまりよくない週のため(今のところ隔週で交互にプラスとマイナスになってます)、暗黒の水曜日でなくともポジションを縮小しておくべきでした(大反省)。今ドテンショートでドラゴン再び出陣です(スワップポイント3倍デーのため、営業日更新前に0.1lotに縮小してます)

ちなみに昨日のポンドドルの結末ですが、ニューヨーク時間帯に1.3180台まで上値を伸ばしますが、23時の米指標の発表の直前にトレンドラインを割り込み謎の急落…日中最安値を更新し1.3130台前半まで突っ込みますが、仮に朝方のポジションを保有したままだとしてもギリギリT/Pには到達せず。むしろ、日銀ネタで行って来い行っての状況です。執筆中現在でもまだ保有しており、勝敗は決していないようです(Gogo Jungleのフォワードテスト参照)。

神妙にお縄にかかった黒船提督『Pips_miner_EA』でしたが、久しぶりにGogo  Jungleのサイトを見たら、なんと…いつの間にか人気ランキング1位になっていました。これは、本日にでもすぐに縄を解かねば…。あっ、解いた途端ショートでまた出陣しやがった…しかも2ポジ。

 

 PS:なんにも触れてませんが、宰相と参謀のユーロドル兄弟がいちばん地味にがんばってくれました。

昨日のEA別運用成績 

 『3本の矢』

  1. ポンド円(0.02lot)… No entry
  2. ユーロ円(0.02lot)… No entry
  3. 豪ドル円(0.01lot)… No entry

 『百花繚乱EURUSD』(0.1lot)… -155円

 スキャルピングドラゴン(0.4lot)… -11,100円

 『Spiral_M1AUDCAD』(0.1lot)… +1,320円

 『Pips_miner_EA』(0.3lot)… -5,087円

 『ギガガルーラEURUSD(0.2lot)… +4,198円

※「このブログのEAに付けている役職などの擬人化した表現や物語は、全てフィクションです。実際の商品名や商品特性とは一切関係ありません。なお、EAの運用成績は、全てノンフィクションです。